So-net無料ブログ作成

USBプロジェクト - USB制御液晶モジュール [USB]このエントリーを含むはてなブックマーク#

1516092

インタラプトOUTパイプの使い方を教えてもらっているので、 せっかくだからMC908JB16で液晶モジュールを制御させます。 液晶モジュールには、サンライク社のSC1602Bを使用します。

端子の割り当て

SC1602Bには、4-bitバスモードと8-bitバスモードがあります。 MC908JB16には、多くの端子があるので、贅沢に8-bitモードを使用してみます。

マイコンと液晶モジュールの接続
SC1602B側 USBDEV基板側
#端子名#端子名
1VDDCN4-14VDD
2VSSCN2-14VSS
3VO--
4RSCN2-5PTE0
5R/WCN2-6PTE2
6ECN2-11PTC1
7DB0CN2-1PTA0
8DB1CN2-2PTA1
9DB2CN2-3PTA2
10DB3CN2-4PTA3
11DB4CN2-7PTA4
12DB5CN2-8PTA5
13DB6CN2-9PTA6
14DB7CN2-10PTA7

VOは、チャージポンプを作って供給したいところですが、ひとまず半固定抵抗で間に合わせます。

基板上には、LEDが4個搭載されます。

マイコンとLEDの接続
#端子名LED
CN4-8PTD2
CN4-9PTD3
CN4-10PTD4
-PTD5青(USBDEV上)

ファームウェアとPC側制御プログラムは、まだ、これからです。 プロトコルは、どうしようかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  このエントリーを含むはてなブックマーク#

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。